2007年11月05日

盗難対策は万全に!

yakei.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。
海外旅行で日本人が遭うトラブルの多くが携行品の盗難や紛失といった事故です。危機管理も旅行を安全に終えるための大切な要素となっています。常に身の周りに注意し、隙を作らないように心がけましょう。

<病気・ケガになったら>

チェック欄 貴重品 控え
□ パスポート コピー、旅券番号および発行日
紛失の場合に備え、パスポート用写真(4.5cm×3.5cm)も用意しておきましょう。
□ クレジットカード カード番号、事故時の緊急連絡先
□ トラベラーズチェック 発行控えと使用トラベラーズチェックの番号
□ 航空券 航空券のコピー、航空会社の連絡先



外出中の盗難対策

外出中は、観光等で注意が散漫になっているため、さまざまな角度から隙をねらわれます。盗難に遭わないために、以下のポイントに注意しましょう。

◇対策のポイント
・ 多額の現金・貴重品は持ち歩かない(トラベラーズチェック等を活用)
・ やむを得ず持ち歩く場合はいくつかに分けて携帯する
・ 手荷物は手から離さない
・ リュックサックなど自分の視界から外れるカバンは極力避ける
・ 財布の出し入れは、すばやく行う

◇盗難の手口
注意をそらされているうちに盗難に遭ってしまうケースが多発しています。犯人は、注意をそらす人と盗む人の複数となります。
・ 話しかける
・ 財布を落として小銭をまき散らす
・ おばあさんや子どもが近くで転ぶ
※ 上記のような場面に遭遇したら、盗難の可能性もあると認識したうえで対応しましょう。


ホテルでの盗難対策

ホテルには宿泊客だけが滞在しているとは限りません。誰でも出入りできるフロントやレストランがあるため、観光客をねらった盗難も多発しています。エレベーターは扉が閉まれば密室となってしまいますので、十分な注意が必要です。被害に遭った場合には、被害を大きくしないためにも決して抵抗はしないでください。

◇対策のポイント
注意をそらされているうちに盗難に遭ってしまうケースが多発しています。犯人は、注意をそらす人と盗む人の複数となります。
・ 貴重品はセーフティボックスに預ける
・ 部屋のドアには必ず防犯チェーンをかける
・ ノックされたらチェーンをつけたまま相手を確認する
・ 頼んだ覚えのないホテルの従業員や電気の修理人が来たら必ずフロントの確認をとる

※参考資料:外務省海外安全相談センター制作リーフレット

ラベル:保険
posted by 田中 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行中のトラブル対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。