2007年11月03日

多額の死亡補償に惑わされない

card3.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。
最近はクレジットカードに海外旅行保険が付帯されているタイプもあります。それらを利用すると加入費用も節約になって便利ですが、補償内容をよく確認することが大切です。
カードの特典サービスなどに「海外旅行保険2000万円の補償付き」と表示されていることがあります。「2000万円も補償があれば十分だな」と思ったことはないでしょうか?でも、ここに書かれているのは海外旅行中にケガで死亡した場合の補償です。死亡補償は遺族の生活費になるもので、自分自身が生きているときには受け取れないものです。
シングルの人は遺族の生活費などを遺す必要がないので、死亡保険金は一般的に必要ありません。家族を扶養している人は、すでに生命保険に加入されていればそれで遺族の保障は確保できます。

ラベル:保険
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。