2007年11月07日

保険金が支払われる主な場合

nyuuinn.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。

保険金が支払われる主な場合を以下、新・海外旅行保険【off!】から抜粋します。

【携行品損害】
責任期間中に携行品(バッグ、カメラ、時計、衣類、旅券など)が、盗難・破損・火災などの偶然な事故にあって損害を受けた場合、携行品1つ(1個、1組または1対)あたり10万円(保険の目的が乗車券等である場合は合計して5万円)を損害額の限度として、時価額または修繕費をお支払いします(自己負担額はありません。)。また、携行品損害保険金額をもって、保険期間中のお支払いの限度とします。ただし、携行品損害保険金額が30万円を超える契約の場合、盗難、強盗および航空会社等寄託手荷物不着による損害については、30万円を保険期間中のお支払いの限度とします。
注1: 携行品とは、被保険者が所有かつ携行する身の回り品をいいます。ただし、居住施設内(居住施設が一戸建住宅の場合は当該住宅の敷地内、集合住宅の場合は被保険者が居住している戸室内をいいます。)にある間および別送品は保険の目的に含まれません。
注2: 現金、小切手、クレジットカード、自動車・原動機付自転車以外の運転免許証、定期券、コンタクトレンズ、義歯、船舶、自動車、原動機付自転車、動物、植物、稿本、設計書、危険な運動 (ピッケル等の登山用具を使用する山岳登はん、ハンググライダー搭乗等)を行っている間の、その運動のための用具およびウィンドサーフィン、サーフィン等の運動をするための用具などは含まれません。
注3: 「時価」とは同等なものを新たに購入するのに必要な金額から、使用した期間による消耗分を控除して算出した金額をいいます。
注4: 旅券の損害については、1回の事故につき5万円を限度として、再発給費用(宿泊費・交通費等を含みます。)をお支払いします。
注5: 自動車・原動機付自転車の運転免許証の損害については、国または都道府県に納付した再発給手数料をお支払いします。 

【救援者費用等】
被保険者が以下のA.〜F.などの事由に該当したことにより、以下のイ.〜へ.などの費用のうち保険契約者、被保険者または被保険者の親族が現実に支出した金額をお支払いします。

<お支払い対象となる主な場合>

A. 責任期間中に急激かつ偶然な外来の事故によりケガをして継続して3日以上入院した場合。
B. 責任期間中に発病した疾病(歯科疾病、妊娠、出産、早産、流産およびこれらに起因する疾病を含みません。)を直接の原因として継続して3日以上入院した場合。ただし、責任期間中に医師の治療を開始していた場合に限ります。
C. 責任期間中に搭乗している航空機・船舶が行方不明になった場合。
D. 責任期間中に急激かつ偶然な外来の事故によって被保険者の生死が確認できない場合。
E. 責任期間中に急激かつ偶然な外来の事故によりケガをして、事故の日からその日を含めて180日以内に死亡した場合。
F. 疾病または歯科疾病、妊娠、出産、早産もしくは流産を直接の原因として責任期間中に死亡した場合。
など

<お支払い対象となる主な費用>

イ. 遭難した被保険者を捜索、救助または移送する活動に要した費用。
ロ. 救援者※1の現地※2までの航空機等の往復運賃(救援者3名分を限度とします。)。
ハ. 現地および現地までの行程における救援者のホテル等客室料(救援者3名分を限度とし、かつ救援者1名につき14日分を限度とします。)。
ニ. 治療を継続中の被保険者を自国の病院等へ移転するための費用。ただし、払戻しを受けた運賃または負担することを予定していた運賃および治療費用保険金で支払われるべき費用は差し引いてお支払いします。
ホ. a. 救援者の渡航手続費。
b. 救援者・被保険者が現地で支出した交通費。
c. 被保険者の入院・救援に必要な身の回り品購入費および国際電話料等通信費等。
a.〜c.合計で20万円を限度とします。ただし、治療費用保険金で支払われる費用は除きます。

へ. 被保険者が死亡した場合の遺体処理費用(100万円を限度とします。)および自国への遺体輸送費用。ただし、遺体輸送費用については、払戻しを受けた運賃または負担することを予定していた運賃は差し引いてお支払いします。

※1: 救援者とは現地へ赴く被保険者の親族(これらの者の代理人を含みます。)をいいます。
※2: 現地とは、日本国内外の事故発生地、被保険者の収容地または被保険者の勤務地をいいます。

【入院一時金】
治療費用保険金が支払われる場合で、その原因となったケガまたは疾病により2日以上続けて入院したときにお支払いします(1回のケガまたは1回の疾病につき1回のお支払いを限度とします。)。

【航空機寄託手荷物等遅延費用】
航空機搭乗時に航空会社に預けた手荷物の目的地への到着が6時間を超えて遅れたとき、目的地への到着後、96時間以内に購入した衣類(下着、寝間着等必要不可欠な衣類)・生活必需品(洗面用具、かみそり、くし等)の費用およびやむを得ず必要となった身の回り品(購入した衣類や生活必需品を持ち運ぶためのかばん等)の費用を、10万円を限度としてお支払いします。 注 手荷物が被保険者のもとに到着した時以降の費用は除きます。

【航空機遅延費用】
被保険者がA.またはB.のいずれかに該当したことにより、被保険者がA.は出発地、B.は乗継地において現実に支出した以下の費用(損保ジャパンが社会通念上妥当と認めた額とします。)を、2万円を限度としてお支払いします。

<お支払い対象となる主な場合>

A. 搭乗予定航空機が6時間以上の出発遅延、欠航、運休もしくは搭乗予約受付業務のかしによる搭乗不能または搭乗した航空機の着陸地変更により、6時間以内に代替機を利用できないとき。
B. 搭乗した航空機の遅延(被保険者が搭乗予定の航空機の出発遅延、欠航等または被保険者が搭乗した航空機の着陸地変更を含みます。)によって、乗継予定航空機に搭乗できず、乗継地への到着時刻から6時間以内に代替機を利用できないとき。

<お支払い対象となる主な費用>
ホテル等客室料、食事代、国際電話料等通信費、目的地において提供を受けることを予定していたが、提供を受けることができなかった旅行サービスの取消料、交通費(ホテル等への移動に要するタクシー代等の費用等)
など

posted by 田中 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険金がでる? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

保険の選び方

kuukou.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。最近の海外旅行保険は、カバーするリスクや補償額などによって、さまざまなものがありますよね。傷害・疾病治療や賠償責任、携行品損害などの代表的な補償を組み合わせたものが一般的ですが、渡航先や期間、目的などによって、自分にもっとも適したプランを選びましょう。

「セットプラン」or「フリープラン」

基本的な補償をセットにした「セットプラン」は、傷害治療、疾病治療、傷害死亡、疾病死亡、賠償責任、携行品損害、救援者費用などを含んでおり、通常の旅行の場合はこれでほとんどがカバーされます。保険料は渡航先や旅行日数によって決まります。留守宅家財盗難や緊急一時帰国費用はセットに組み込まれているものは少なく、セットプランにオプションとして加えられます。
これに対し、補償項目や補償額を個別に選べるのが「フリープラン」です。賠償責任額を大きくしたいなど特定の補償に重点をおきたい場合や、クレジットカードに付帯している保険と併用する場合などに向いています。渡航先や旅行期間によって保険料が異なるのはセットプランと同様です。
ただ、最近ではセットプランも補償項目の取捨を一部選べるものも登場しており、セットプランとフリープランの垣根は低くなりつつあるといえそうです。

家族旅行に便利なファミリープラン

夫婦や家族が同一行程で旅行する場合は「ファミリープラン」がお得です。セットプランの一種ですが、賠償責任や携行品損害、救援者費用などが共通となり保険料が割安になっています。加入の手間が少なくてすむメリットもあります。

海外で長期生活するときの保険

留学などで3か月以上海外に滞在するときは、長期滞在者向けの保険を選びます。短期の旅行に比べて病気やケガの可能性は大きくなりますし、一般の保険ではカバーされないアパートなど滞在先の家財の盗難に対する補償も考える必要があります。
長期生活向けにもセットプランとフリープランがありますが、留学の場合は学校の保険があるケースもあり、自分に必要な補償をきちんと把握して選ぶことが重要でしょう。
ラベル:保険
posted by 田中 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

盗難対策は万全に!

yakei.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。
海外旅行で日本人が遭うトラブルの多くが携行品の盗難や紛失といった事故です。危機管理も旅行を安全に終えるための大切な要素となっています。常に身の周りに注意し、隙を作らないように心がけましょう。

<病気・ケガになったら>

チェック欄 貴重品 控え
□ パスポート コピー、旅券番号および発行日
紛失の場合に備え、パスポート用写真(4.5cm×3.5cm)も用意しておきましょう。
□ クレジットカード カード番号、事故時の緊急連絡先
□ トラベラーズチェック 発行控えと使用トラベラーズチェックの番号
□ 航空券 航空券のコピー、航空会社の連絡先



外出中の盗難対策

外出中は、観光等で注意が散漫になっているため、さまざまな角度から隙をねらわれます。盗難に遭わないために、以下のポイントに注意しましょう。

◇対策のポイント
・ 多額の現金・貴重品は持ち歩かない(トラベラーズチェック等を活用)
・ やむを得ず持ち歩く場合はいくつかに分けて携帯する
・ 手荷物は手から離さない
・ リュックサックなど自分の視界から外れるカバンは極力避ける
・ 財布の出し入れは、すばやく行う

◇盗難の手口
注意をそらされているうちに盗難に遭ってしまうケースが多発しています。犯人は、注意をそらす人と盗む人の複数となります。
・ 話しかける
・ 財布を落として小銭をまき散らす
・ おばあさんや子どもが近くで転ぶ
※ 上記のような場面に遭遇したら、盗難の可能性もあると認識したうえで対応しましょう。


ホテルでの盗難対策

ホテルには宿泊客だけが滞在しているとは限りません。誰でも出入りできるフロントやレストランがあるため、観光客をねらった盗難も多発しています。エレベーターは扉が閉まれば密室となってしまいますので、十分な注意が必要です。被害に遭った場合には、被害を大きくしないためにも決して抵抗はしないでください。

◇対策のポイント
注意をそらされているうちに盗難に遭ってしまうケースが多発しています。犯人は、注意をそらす人と盗む人の複数となります。
・ 貴重品はセーフティボックスに預ける
・ 部屋のドアには必ず防犯チェーンをかける
・ ノックされたらチェーンをつけたまま相手を確認する
・ 頼んだ覚えのないホテルの従業員や電気の修理人が来たら必ずフロントの確認をとる

※参考資料:外務省海外安全相談センター制作リーフレット

ラベル:保険
posted by 田中 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行中のトラブル対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

海外旅行保険の加入先

kuukou3.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。海外旅行保険の加入先の代表的なものを挙げてみます。

■空港のカウンター・自販機
海外旅行保険に加入するのをすっかり忘れて空港で気がついたような場合に助かります。
いざというときにはこうしたものを利用すればいいでしょうが、出発前は何かと慌しいですし補償の内容をきちんと検討する時間も少ないと思います。

できれば出発当日ではなく事前に加入しておくことをオススメします。

■インターネット
海外旅行保険もネットで契約できるようになっていますので助かりますね。なお保険証券を忘れないようにしましょう。現地で何かあった場合に必要です。

通常郵送されてくるはずですが出発まで日がないときは控えをオンライン印刷して代用するなどできるはずですので忘れずに。

また海外旅行保険に限りませんが、ネットの場合には保険の内容を自分で勉強して理解しておく必要があります。説明を受けないぶん自分で内容を把握して必要な保障をつけておきましょう。

■保険代理店
いわゆるプロ代理店といわれるところや旅行会社などがこれにあたります。きちんと説明を受けて何かあったら相談にのってくれるところが良いという人向けです。

その一方で対面で保険の契約をするのは煩わしいという人には不向きと言えます。

■クレジットカード
クレジットカードに海外旅行保険がついているものが増えてきました。改めて海外旅行保険に加入する必要がありませんので便利です。これを利用される人が多いのではないでしょうか。

但しカードによって補償内容が異なりますので補償が充分かどうか確認しておく必要があります。同じカード会社のものでもカードのグレードによって補償内容が異なることがあるので気をつけてください。

またカード付帯の海外旅行保険は
旅行代金をカードで支払ったときだけ
入会後一定の期間を経ないと保険の対象とならない
などのケースがありますのでこうした点はぜひチェックしておいてください。

ラベル:保険
posted by 田中 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

多額の死亡補償に惑わされない

card3.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。
最近はクレジットカードに海外旅行保険が付帯されているタイプもあります。それらを利用すると加入費用も節約になって便利ですが、補償内容をよく確認することが大切です。
カードの特典サービスなどに「海外旅行保険2000万円の補償付き」と表示されていることがあります。「2000万円も補償があれば十分だな」と思ったことはないでしょうか?でも、ここに書かれているのは海外旅行中にケガで死亡した場合の補償です。死亡補償は遺族の生活費になるもので、自分自身が生きているときには受け取れないものです。
シングルの人は遺族の生活費などを遺す必要がないので、死亡保険金は一般的に必要ありません。家族を扶養している人は、すでに生命保険に加入されていればそれで遺族の保障は確保できます。

ラベル:保険

2007年11月02日

カード付帯の保険の注意点

card.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。
手軽なカード付帯の保険ですが、下記の点に注意しましょう。

1.治療費用保険金が低額の場合がある
傷害や疾病の治療費用保険金が50万円程度と低いケースがあります。欧米では盲腸で入院すると100万円〜200万円程度は覚悟しなければなりません。スキーやスカイダイビングなどの海や山でのスポーツ中の事故では、救援・搬送などの費用もかかり、700万円もの保険金を支払った事例もあります。


2.現地のサポート体制がない場合がある
現地でのアシスタンスサービスや医療費立替サービスなどを提供していない場合があります。慣れない旅先では病院を探すのも一苦労なうえ、言葉の壁もあります。そのようなときに日本語でアドバイスしてくれるサービスは心強いものです。
また、海外では手持ちのお金がないと治療を受けられない場合もあります。保険の加入証を見せるだけでOKという提携病院が充実しているというのも大事なポイント。
事故時のフォロー体制もしっかり確認しましょう。

3.疾病の死亡保障はない
疾病の死亡保障はついていませんが、シングルの場合、死亡保障はあまり必要としないので、この点はあまり心配いりません。日本で加入している生命保険は海外での死亡も対象になるので、死亡保障が必要という人は一般の生命保険で確保するといいでしょう。

4.カードを複数枚もっていても、合算額がそのまま受け取れるわけではない
海外旅行傷害保険の付帯されたクレジットカードを複数枚もっている場合には、傷害死亡・後遺障害については持っているカードの中で最も高い保険金が最高額となります。重複して支払われるわけではありません。
治療費用などその他の補償は合算された額が限度額になり、実際の損害額分だけ支払われます。
たくさんカードを持っていればいいというわけではないので、年会費の負担やその他のサービスも含めてカードを厳選しましょう。

2007年11月01日

事故時のサポートは?

byouinn.jpg損保ジャパン 代理店ユトライフの田中です。新・海外旅行保険【off!(オフ)】のサポートのご紹介です。


【病気・ケガ(損保ジャパン・海外メディカルヘルプライン)】
病気・ケガでお困りのとき、世界各地から、電話1本、日本語で、24時間医療・緊急手配サービスがご利用いただけます!

【新・海外旅行保険【off!】医療アシスタンスサービスメニュー】

キャッシュレス治療の手配 キャッシュレス治療可能病院をご利用いただく場合、病院への支払保証の連絡。すでに病院等に収容されている場合、病院側へキャッシュレス治療提供の交渉。
病院/医師の紹介・予約 病状、滞在地、診察希望時間帯にあわせ、病院/医師を紹介・予約。
ホテル滞在中で緊急の場合、ホテルフロントと連絡をとり、往診手配・救急車手配。
医療通訳の手配 必要に応じ、受診時の通訳派遣手配。損保ジャパン・海外メディカルヘルプラインの日本語オペレーターによる電話での医師との通訳も可能。
治療経過管理 通院受診後のお客様の回復状況をチェック・治療内容確認・フォロー。入院の場合、適切な治療がなされているかを主治医と定期的にコンタクトしチェック。
ご家族の救済者へのサポート 入院の場合、病院へ駆けつけるご家族の渡航のお手伝い。
緊急移送手配 事故現場への救急車・救急ヘリ・緊急医療チームの派遣手配。
チャーター機・付き添い医師/看護師の手配。
移送先となる最寄り先進国における受け入れ病院の手配。
退院後の帰国手配 帰国便の手配。日本へ転院の場合、航空会社への患者搭乗手続き。
主治医の指示に基づく付き添い医師/看護師の手配。
遺体送還手配 ご遺体の現地火葬手配。ご遺体の日本への送還手配。

*
ご契約いただいた保険契約証上の保険金額記載担保項目によってご利用いただけるサービスが限られる場合があります。
*
各国の政治情勢、医療設備の整っていない地域、事故受付時間帯、事故場所、電話事情等によっては、サービスが提供できない、または、時間がかかる場合があります。
*
保険の対象とならない傷病の場合には、サービスのお取扱いが出来ません。

【安心のキャッシュレス治療サービス】
損保ジャパン・海外メディカルヘルプラインでは、世界各地に広がるネットワークからお客さまに治療費をお支払いいただく必要のない「キャッシュレス治療可能病院」をご紹介します。
この場合、治療費はご紹介する病院へ保険金としてお支払いしますので、現金払いは不要です。
なお、各国の医療設備の整っていない地域、事故受付時間帯、事故場所、電話事情等によっては、サービスが提供できない、または、時間がかかる場合があります。

【キャッシュレス治療サービスのご利用方法】
損保ジャパン・海外メディカルヘルプラインのキャッシュレス治療可能病院をご利用の場合、治療費はご契約の範囲内で損保ジャパンより病院へ保険金としてお支払いします。手続きは次のとおりです。

手順 内容
1 損保ジャパン・海外メディカルヘルプラインへお電話ください。
・お手元の損保ジャパン保険契約証等の内容を確認させていただきます。
・キャッシュレス治療可能病院の紹介・予約手配いたします。
2 対応病院窓口で損保ジャパン保険契約証等を提示。
3 損保ジャパン所定または病院備え付けの保険金請求書に必要事項を記入。 (ポケットガイド巻末に添付の保険金請求書をご利用ください。)
4 これでOK!医師の診察をお受けください。

*
病院によっては診察後に処方箋が出され、別途薬局で薬の購入が必要な場合がありますので、その際はいったんお支払いいただき帰国後に損保ジャパンへご請求ください。
*
キャッシュレス治療手配にもかかわらず、病院から治療費の請求があった場合は、損保ジャパン・海外メディカルヘルプラインへご連絡ください。
*
保険契約証等のコピー・保険金請求書・診断書を、損保ジャパン・海外メディカルヘルプラインへ郵送またはファックス送信いただく場合がありますのでご了承願います。
ここから盗難・賠償事故など(損保ジャパン・海外ホットライン)

【盗難・賠償事故など(損保ジャパン・海外ホットライン)】
病気・ケガ以外の事故でお困りの時、保険契約証をお手元にご用意のうえ、ご連絡ください。

◆保険事故・相談サービスメニュー サービス内容
携行品の盗難・破損事故 盗難事故の警察等への届け出のアドバイスや、必要書類のご案内をします。長期滞在で現地に銀行口座をお持ちの方が、現地での保険金請求・受領を希望される場合、書類の受付および保険金のお支払いをいたします。
賠償責任事故 賠償事故の加害者となった場合、先方との示談交渉に関するアドバイスや、必要書類のご案内をします。長期滞在で現地に銀行口座をお持ちの方が、現地での保険金請求・受領を希望される場合、書類の受付および保険金のお支払いをいたします。
保険契約内容の確認 保険契約証の見方のご説明や、保険金額がいくらついているのかわからないという場合、契約内容の確認をいたします。
保険金請求方法案内 保険金請求に関する様々なご相談、必要書類のご案内をいたします。

*
ご契約いただいた保険契約証上の保険金額記載担保項目によってご利用いただけるサービスが限られる場合があります。
*
帰国後にあらためてご請求いただく場合、再度事故内容をお伺いさせていただく場合がありますのであらかじめご了承願います。
*
日本オフィスでは請求書類の受付は行っていません。
*
「損保ジャパン・海外ホットライン」は、「株式会社プレステージ・インターナショナル」との提携により運営されています。


【帰国後の連絡先】
ご帰国後、下記の「損保ジャパン・海外ホットライン」へご連絡ください。

*
海外現地滞在中に、いずれかの海外センター・オフィスへすでに事故の通知をされている場合はその旨をお知らせ願います。
*
現地にてご請求・お支払いを希望される場合は、原則、現地通貨にて小切手でお支払いいたします。詳細は、ポケットガイド(ご契約のしおり)にてご確認ください。

ご帰国後の事故のご連絡先

0120-08-1572(損保ジャパン・海外ホットライン)

(フリーダイヤル)24時間受付

上記無料電話がご利用できない場合

018-888-9547(損保ジャパン海外ホットライン)

(電話料金はお客さま負担)

posted by 田中 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サポートメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。